検索

グラスワンダーの種牡馬引退について

 この度、グラスワンダーは種牡馬を引退することになりました。種付けの状況と25歳という年齢を考慮し、種牡馬を引退してゆっくりと余生を過ごしてもらう事が望ましいと判断した次第です。

 競走馬としては朝日杯を皮切りに、有馬記念を2度、そして宝塚記念と合わせてグランプリレースを3勝。G1レースを計4勝。


 種牡馬入りしてからも、代表産駒のスクリーンヒーローをはじめ、5頭のG1ホースを含む14頭の重賞勝ち馬を送り出してきました。


 後継種牡馬となったスクリーンヒーローは、既にモーリス、ゴールドアクター、グアンチャーレを種牡馬として送り出しており、グラスワンダー系を広めてくれる存在となってくれており、嬉しく思います。

 今後は明和牧場さんにて繋養いただく事になり、4月10日以降の日程で移動予定です。

無事に移動を終えた際には、改めて弊社の公式ホームページやFacebookにて掲載させて頂きます。

 なお、弊社繋養時とは異なり、ご見学におかれては、ご見学当日に「競走馬のふるさと案内所」を通して事前連絡が必要となりますのでご注意下さい。予め「競走馬のふるさと案内所」のホームページにて、明和牧場さんのご見学に関する要綱をご覧頂くのがスムーズと思われます。

 また、弊社繋養時には沢山のお贈り物を頂戴いたしましたが、明和牧場さんではお贈り物の受け取りはお断りさせて頂くと伺っております。弊社よりお渡しすることも致しかねますので、何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

0回の閲覧